いただきハイジャンプ感想

こんにちは❗最近、スイーツパラダイスで「少し食べ過ぎた」と後悔した私です。ラストになりました、書いていない回のいたジャン感想。今回は、夏休み特別企画、山田が決める一番怖いつり橋は?(H27の9/2OA) 理由として、あんなにビビる山田くんが出たのがこの回であるのと、マジメに見えた薮くん(この回を見た当時)が、ハメを外したから。 では、書いていきましょう!


まずは、集合が、まさかの5時30分、マジで、早ぇーよ。 集合時間のトップ3じゃん!(2位は、ビビり三銃士の5時。1位は、山形ロケの4時30分。)とにかく、なぜ、このペアだったのか考えたんです。なんか、マジメな薮くんのハメをとことん外して、山田くんをイラつかせるためなのかな? と考えました。とにかく、薮くんの企画発表の終わったあとの一言。山田だけだよね?渡るのって。 (by 薮くん)はい。 (by スタッフ) ボーナスゲーム!(ガッツポーズしながら。)そら嬉しいだろうね。天国のようなロケなんだから。 (山形ロケの時はマジで「ボーナスゲーム」じゃなかった。)ルールは、単純。山田くんが、「怖い」と一番感じたつり橋が優勝。

3位の橋は、長い!細い!そして、高い! 私もあんまり高い所は、好きじゃないけど、渡ってみたい! あと、薮くんの女装のクオリティの低さ。あれは、私でも(ファン設定として)嫌だわ! で、山田くん。バかになっちゃったんだな、、、。 これは、あなた(山田くん)の発言ですからね。それを薮くんがやったんだかね。 まあ、これで、山田くんのスイッチは入らないと思います。

2位の橋は、キレイな景色が台無し。 そのせいで、ライフジャケットを着ることに、、、。あと、山田くんの衝撃の事実。高所恐怖症の他にも、先端恐怖症・閉所恐怖症。 最初は、ネタ って思っていたけどマジらしいから余計に驚きました。ただ、カナヅチは知っていました。これは聞いたことがあるからね。(たぶんスクール革命だった気がする。)けど、こんな所で、忘れ物する人がいることに驚きだわ! それを取りに来た観光協会の人がこのつり橋を渡ろうとして、、、。まあ、いい意味で大変な状態になりました。 私なら、絶対に逃げますね。

1位の橋は、めちゃめちゃ渡ってみたい!怖そうだけど。 とにかく、いたジャンスタッフの雑さが出ましたね。 クマ除けの鈴を渡されたけど、(これでクマ除け)無理だべ! (by 山田くん)これは、無理なのはわかるけど、八乙女くんも言っていたけど、シュールすぎる! けど、薮くんの天然さ。 だって、ライフジャケットを忘れるんだから。 まあ、そのおかげで、印象に残るやり取りが出ていましたが、、、。キライ! (by 山田くん)オレは好きよ❤ (by 薮くん)俺も好きだよ。 (by 山田くん)を引き出しましたからね。(恥ずかしいあのハートマーク。)あのやり取りは、茶番劇(のろけ)なんだけど、最高に面白かったです。 だけど、あの橋を悠々自適で渡ってくる薮くん。さすがだなー。 と感じました。
ラストの薮くんの一言がとにかく印象に残っています。まずは、山田くんが、こんなロケ二度とやりたくない! そして、薮くんの一言。第2弾もありますー。 あれって、もしかしたら、アドリブなのかも知れないけど、このあとマジで第2弾がありましたからね。ただただ びっくりしたような覚えがあります。

スタジオでの八乙女くんの一言。追い込まれた山田って面白いね。 まさしく正論!去年の山田涼介の苦手克服(納豆・カエル・オバケ屋敷)も面白かったから。あと、解放された薮も面白いね。 あんまり、おバカなキャラじゃないからね。薮くんって。確かに最初に見たときは新鮮でしたね。 あと、この回で明らかになったのが、八乙女くんのネコ嫌い。 その後ロケされたけど、かなり面白かったもん。


今日は、いただきハイジャンプ感想を書きました。2位と3位は、かなり雑かも知れませんが、ご了承下さい。木曜日に、ちょっと驚いたんだけど、何があった? よくわからないだけど、、、。なんか転用されそうで怖いわー。来週は、わかるようなわからないような。とにかく、2週連続企画なので、後編のOA後に書きます。


では、See you again.

最近、思うこと

How's everything? (いかがお過ごしでしょうか?)最近、友達に「カラオケ行こうよー。」と誘われた日が風邪を引いてて、少しは気遣ってよ。 と思った私です。さて、今日は、私が、最近思うことpart2です。

よく、言われるんです。本当にジャニーズ好きなの? って。しかし、私は、未来(大学生)のために貯金をしています。だから、あんまり、お金を使いたくない! だから、買った雑誌と言えば、創刊号のTVガイドのalphaくらいで、CDも今年初めて買ったし、アルバムもレンタルor人に借りてます。(嵐はそうでした。)ただし、コンサートは、別ですが、、、。だから、それを理解して欲しいです。
あと、この話の流れから、あることをお父さんに言ったらびっくりされました。この考え方をするのは、(ジャニーズのファンとしては)少数派 だと。確かにそうかもね。それ、お母さんにも言いました。正論! と言われました。どうしてもそこが、嫌だったんだよね、、、。

あと、久々にある回を見ていたんです。この回の感想書いていないです。最近、思うようになったのは、チャンスなんて1発で掴むもの。リベンジなんてない。 だいたいわかると思います。私も最初は、1年後にチャンスがあると思っていたので、、、。 けど、そんなこと(リベンジするチャンス)はない。 もしかしたらあるかも知れないけど、、、。実は、これは、他のグループにも思うようになりました。例えば、ジャニーズWEST。みなさんは、覚えているでしょうか?もう一度チャンスをください。 と言う言葉を。これは、大阪マラソン(関西ローカル)の密着のラストに桐山くんが言った言葉。しかし、、、リベンジするチャンスはなかった。 私は、もうないと思っているので。冠番組始まっているから。)たぶん、jump(27時間テレビみたい)にスゴい熱意で言ったら通るかも知れないけど、基本は、リベンジはない。 そんなことを感じるようになりました。

で、最近の過ごし方は、スマホばっかり。けど、勉強は、ほぼ毎日1時間はしてます。本当は、2時間しないといけないんだけど、春休みだから浮かれたい! という感じです。けど、2年生。なんかの教科で1年通して5位以内を取り続けたい。 悔しかったんだよね。数Aが、5とれなかったことが。数Aは、2学期中間まで5を取れるラインにいました。2学期期末で崩れました。理由として、図形が苦手だったことも1つだし、平均点の高さも大きく影響しているかと、、、。たぶん、ワースト5近くまで落ちました。そのときの先生の感想が未だに忘れられない。丸つけしていて○○さん(作者の苗字)じゃない とやり直しノートに書かれました。なかなか、ショックでした。だって、計算ミスを除いても平均点(76.7点)いかなかっただもん。プライドが傷ついたよりも、もう、無理って感じてしまったんだよね。図形では。 けど、(中間の)貯金はあったから、なんとか学期毎の相対評価は3学期頑張れば5取れるラインで収まったから大丈夫でした。けど、3学期期末は、平均点は、取りましたが、微妙でしたから。だからこそ、2年では、1教科でもいいから5を取りたい。あと、なぜか、難読地名にはまっています。だったら、英単語覚えられるだろうと思うけど、1度苦手意識が入ったらアウトだよ。 それなのに文系なんだよね。小学校の時から。英語を抜いたら、国語は平均点ラインで、社会は人よりはいいです。(高校生になったら、まさかの理系になりかけました。)けど、、、。英語を平均点より5点圏内で収めないとヤバイよね? とにかく、頑張ります。

今日は、最近思うことを書きました。あと、冒頭に英語を使いました。あんまり、気にしないでください。やっぱり、最後にカッコいい英語を使いたいんだけどなー。 最後に。最初に出した3つ目の段落の部分は、あまりにも言いすぎたので削除させていただきました。読んでくださったみなさん。申し訳ございません。

いただきハイジャンプ感想

こんにちは❗先週から始まった、書いていない回を書いていきます。今日は、H27の12/9OAのママチャリで23区の急の坂を登れるか? たぶん、この回のロケメンバーをよく愚痴っているような気がします。とりあえず、このロケメンバーは、メンバーの中で「体力がない」と言われている薮くんと「オネェ」疑惑が上がっている高木くん。(もう否定しなくなりましたが、この回の時は、疑惑で終わってました。) この企画が出た理由は、ママチャリが減り始めていて、都内でママチャリでも快適に過ごせることを示して欲しい。 ルールは、単純。どちらかが、ママチャリで坂を上がりきったらOK。 では、書いていきましょう!

まずは、9°傾斜の坂。一言で言うならば、長い! けど、これは、私でも登れる。だって、私のおばあちゃん家の前の坂の傾斜かなりヤバイから。 薮くんは、かなり余裕。高木くんは、疲れていますね。高木くんってそこまで、体力なかったけ? そして、この坂のご褒美は、藤原竜也さんのモノマネで有名なGたかしさん。知っているけど、何度見ても面白い。かなり、薮・高木が、爆笑してましたね。
で、次は、13°の坂。一言で言うならば、予測不可能。 薮くんも言ってましたが、1つの角は、予測できる。2つあることは、考えてなかったわ! それでも、2人とも登りました。あと、ある場所の坂を登って欲しいとも思いました。(あそこは、絶対に登れないよ。)
3つ目、14°の短いの坂。一言で言うならば、助走が皆無。 そら、薮おじいちゃんは、登れないよ! 2人より10歳より若いけど 私でも無理だよ。あの助走距離では。 根性で高木くんが登りました。足がついて行かなかったよ。 (by 薮くん。)けど、2mは、早すぎる!
4つ目は、14°の長いの坂。一言で言うならば、2人とも登っておきたかった。 理由は、この坂の名前。富士見坂。(H27の7/15OAで)見れなかったからね。で、これは、やっぱり、見れず、、、。 これは、わかるよ。だって、東京って、ビルばっかりじゃん! さて、坂は、3つ目で全くだった薮くんが登り切りクリア。高木くんは、3つ目の疲れが出て残り20mで脱落。かなり、助走距離が長いから登れる気がします。(自信は、ないけど。)
最後の坂の前に、2人の疲れを癒すために、足つぼマッサージ。足つぼマッサージと言えば、 の先生が登場。高木くん。もう、オネェじゃん! 悲鳴の上げ方がもうオネェ。テロップもオネェのような書き方じゃん!かつ、薮くんの押さえ方がマジ。で、薮くんの悲鳴とテロップは、カイジ 改めて見ても、面白いと感じました。
さて、最後の坂は、東京23区で一番の傾斜と言われている16°の坂。一言で言うならば、jumpで登れるのは2人(山田・知念)くらい。 しかし、最後があまりにも急すぎる。 見ていて思ったのは、これって、電動自転車でもいけるの? で、2人とも同じ所で、失敗。これは、ママチャリでは、絶対に無理! 逆に登れたらすげーよ。
最後に、2人の目は、言っていた。いつかリベンジしてやると! これは、やって欲しいですね。けど、薮くんは、やりたくないんだろうね。 本人、「言ってないよ!」と言っているし。高木くんは、参加して欲しいけど。で、VTRを見ながら、視聴者的なことが出来るのは、すごいと感じました。 特に、ゆーと。さすが、jump1熱い男だよね。 どんどん、みんな、VTRを見ながら応援していったね。

今日は、ママチャリで急な坂を登れるか? の回を書きました。全国では、まだまだ急な坂がある絶対にあるからまたいたジャンで紹介して欲しいです。あと、わかったから書くね。


けど、、、。薮くんはわかる気がします。eスクール(人間科学部の名称)だからね。この学科の特徴として、仕事や家事などの大学にいけない人のための学科だからね。お願いだから、来年は卒業してね。

では、See you again.

新学期、、、。

こんにちは❗最近、大学のオープンキャンパス行ってから某スーパーで2時間近く2人でトランプのスピードで盛り上がっていた私です。
さて、今日は、なに書こうかなー。 と考えていたら、あれについて書こうかなー。 と思います。けど、まず、4月になって、一つ知ってもらいたいことがあります。実は、あんまり書きたくなかったのですが、私って、言葉に対してイジメられやすいのかな? これだけは、書きたくなかったのです。理由は、ツラいんだよね。これ、書くことで、「かわいそう」とか言われるのが、嫌だからです。 テレビで紹介されているようなことは、されたことはないけど、人って、意外にも傷ついた言葉は覚えているよ。

では、本題に入ります。
私のクラスは、今年は、40人です。(たぶん。)みなさんは、たぶん、「私たちのクラスの人数と変わらないじゃん。」とか「クラスが持ち上がりとか羨ましい。」 など、そんなことを言う人もいるでしょう。しかし、これは、私にとって、嫌なことなんです。 上がる人が発表されたのが、1年生ラストのテストの3日前。みーんなこのテスト(期末テスト)が入るから、頑張らないと、、、。 って思っていたのに、この日に発表。正直、この日の発表は、ツラかった。英検の(面接に)落ちた結果が返ってきた日だったから余計に嫌でした。で、初めて思ったのです。模試や定期テストでクラストップ5を取ってもダメなこと。 普通ならば、上がれるライン。しかし、隣のあんな担任だったら、こうなるよね。けど、あんな悔しかったことはなかった。 なんだろうね。3人しか上がらなかったことに関して悔しかったのかも知れない。 たぶん、この3人は、バランス良く取れていたからという理由なんだろうけど、なんか、引っ掛かるんだよね。 その「なんか」が、よくわからないんだよね。確かに、私が、上のクラスに上がれない。それは、自分でもわかっている。なぜなら、成績も悪いし、現状維持が好きだし、人と争うこともそこまで好きじゃない。だから、他の人が上がってくれたら、嬉しい。実際に嬉しかった。その感情があるからこその悔しさなのかも知れない。 で、「3年生は(上のクラスに)上がりたい?」と聞かれたら、私は、上がりたい! と答えます。今のクラスが嫌だからと言う理由ではなく、もし上がったら、4人目になるんですよ。逆に私が上がったら悔しく思うだろうとも考えたけど、、、。
あと、SNS(クラスLINE以外)にクラス写真を載せないでください。 たぶん、「プライドがありそう。」とか言いそうですが、プライバシーを守ってください。 あんまり写真に写りたくない子のことも考えるとSNSに載せられるのが、マジで嫌です。

今日は、新学期で思うことについて書きました。私の心に残った言葉は、高校受験で失敗して必死になったのかも知れない。 私は、言葉を心に留めて頑張りたいと思います。で、高木くんの単独ラジオ番組と薮くんのサッカーの仕事と新たな仕事が決定! どんどんjumpの仕事が増えていくのと 岡本くんに英語を使った仕事を、、、。 あんまりいないよ。ジャニーズで、あそこまで英語がペラペラな人はいないよ。だから、岡本くんに仕事をお願いします。 あと、いただきハイジャンプの書いてない回の感想は、日曜日に。

では、See you again.

いただきハイジャンプ感想

こんにちは❗今週から3週間、書いていない回を書いていきます。今日は、伝説の「降参ー!」が生まれた回(H28の2/3OA)を書きます。さて、ロケメンバーは、おじいちゃん化する八乙女くん。意外な頭脳プレーを見せる岡本くん。オネェ化する高木くん。 では、書いていきましょう!

マジの企画は、筋肉痛になると面白いのかな? という企画です。

まずは、jump全員が体脂肪5%台にする。 という偽企画で筋肉痛にします。(やらなくても1人くらい5%台の人がいそう。)まずさ、追い込まれ方が、クロスフィット(補足Ⅰ) とにかく、ここのスタッフの追い込み方は、凄いよね。 だって、絶対に筋肉痛になるだろう! というやり方だし、スクワットだけ、4セットなのが、気になるけど、、、。ナレーションも言われてましたが、確かに筋トレの映像ばっか見せられても飽きるよ。 ロッキーのテーマ曲しか筋トレの映像に使えなかったのかな?もし、次、やる時、バッキバッキ体操(関ジャニ∞)を使ってほしい。あれ、変な意味で面白いから。普段でもたぶん、膝カックンされたら、たぶん倒れます。 けど、崩れるくらいだからね。さすが!いたジャンと感じました。

とにかく筋肉痛のピークは、2日後なので、、、

2日後に、また、呼ばれた3人。今回の企画は、運動オンチと言わせない。第1回いたジャン大運動会! 一つ思ったんですが、そこは、いのちゃん・薮くん・高木くんじゃないの? 本気でやったらね。高木くんの一言(「今日、マジで、動けないよ。」)は、正論ですがね。それだったら、筋肉痛じゃない人を入れて、どこまで差が付くのか見たい気もするが、、、。ルールは、競技に勝ったとか、負けたとかの話ではなく、誰が面白いのか。 一番面白かった人の勝ち!
まずは、八乙女プロが勝った 50m走 座った所からのスタートは、キツイですね。そら、八乙女くんが、おじいちゃんになるよ。 たぶん、私でも筋肉痛になると思うだもん。他の2人は、かなり遅かったけどね。
次は、岡本くんが勝った 玉入れ 最初は、普通にやっていたよ。しかし、岡本くんが、やったやり方は、あの二人には思い付かないよ。「バカ」と呼ばれている二人だから。 とにかく、筋肉痛ならば、座って投げちゃぇ! ナレーションにも言われてましたが、筋肉痛だからこそのアイデアプレー。 最終的に、邪魔のやりあいになったのだが、、、。あの行動が、なかったら、どうなっていたのか気になりますね、、、。
次は、3人4脚なんですが、意外にも影響ないので、割愛ー!メンバーは、かなり怒っていましたが、、、。もし、やるなら、ぐるぐるバットかな? (Sなのかな?)
次は、高木くんが勝った にわとり早掴み これが、伝説の 降参ー! が生まれたやつですね。先にやっていた八乙女くんも岡本くんも掴めず、、、。そして最後は、高木くん。とにかくゆーやくんのにわとり掴みは、謎なことが多い。なぜ、デリケートゾーンを守っていたのか? あと、あのポーズが出たのか? 色々なことが謎でした。とにかく、あの回以降、ハイカロパなどの「絶対に無理!」と思うようなことに対して出てくるようになりました。(高木くんの「降参ー!」の理解スピードが早くなりました。)
最後は、優勝を決めた八乙女くんが、勝った 障害物競争 網くぐりのやり方は、ずる賢い と思いました。その状態が、ゴキブリに似ているくぐり方が、スタッフの印象が残ったので優勝!けど、勝負ならば、高木くんもなかなかでしたが、、、。あと、普通の時でも、三輪車を乗りこなすのは、無理だと思うけどなー。 けど、最近知ったんだけど、スクワットって、意外にもおしりにくるんだね。 八乙女くんが、「おしりが痛い」と言っていた理由が、最近わかりました。(メニュー見た時に、スクワット中心だったからそうなったのかも知れないね。)

今日は、筋肉痛運動会 の回を書きました。いい意味で伝説になった回だった反面、(変な意味で)見たくない気もした回でした。
補足Ⅰ、アメリカで生まれたエクササイズで、様々な実用的な動作を高い度合いで行うもの。かなりダンベルとかを使うし、倒れるくらいまで追い込んでいく筋トレ方法。中村アンさんなど有名人がやっているし、色々な番組で紹介されています。

では、See you again.