読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10周年について。

こんにちは❗Hey!Say!JUMPのみなさんデビュー9周年おめでとうございます。今回、jumpデビュー9周年記念に私が、書くのは、自分が、思うjumpシングルイメージ。 17枚あるから書けるかな?
では、いってみよー。

1st:Ultra Music Power。イメージは、。ほぼ、みんな幼い。 あと、今では、考えられないくらいのダンスの簡単さ。ダンスが、簡単になった理由(わけ)は、知ってるんですが、どうしても、最初に来るのは、幼さかなと、思います。特に、山田くん。変わりましたね。この頃の山田くんは、可愛いかったですね。 センターは、中島くん。聞いた時は、意外でした。 あと、デビュー曲らしいなー。 と、思いました。(そら、作った人が、バレーボール組のデビュー曲を作っている方ですからね。)

2nd:Dreams come true.イメージは、、、、。 なんにも、言えないですね。イメージが、ないわけではない。けど、言葉にするのが、難しい。薮くんと知念くんのハモりが、好きだし、絶対に、ライヴで唄う時って、やぶひかのパートって、ファンが、唄うイメージが、あるんだけど。 やっぱり、そうだよね。あと、やはり、触れないといけない、センター変更。 唄うパートを見てもらうと、1stの最初が、中島くんだったのが、2ndの最初が、高木くんと山田くん。ポジションも変わりましたね。けど、私は、センター変更が、確定的になったのは、3thのイメージが、あります。

3th:Your seed/冒険ライダー。イメージは、jumpらしい。 3thは、やっぱり、高木くんの全盛期。(言い方悪い。)すべての歌いわけが、最初になりました。今のjumpの武器になっている2つが、入っていて、今の、jumpに繋がったのかな? と思ったので、これにしました。Your seedは、初めてのシングル、ダンスナンバー。とにかく、1番と2番の間の間奏のカンフーが、好きです。コンセプトが、それなのかな?よくわからないです。冒険ライダーは、最初に聞いた時、嫌いな曲になりそうだなー。 と思いました。よく聞いたら、申し訳ないなー。 と感じました。服が、好きでは、ないですね。あと、サビの最初の

冒険ライダー。さあ、未来だー。

その歌詞を、私は、

冒険ライダー。侍だー。

でしたね。約半年前まで、それだと思ってました。恥ずかしい限りです、、、。最後に、衣装が、子どもぽくて、可愛いと思いました。

4th:真夜中のシャドボーイ。イメージは、背伸びして、大人の唄唄ってみた。 本当に、ストレートなイメージですね。今見たら、結構合ってるけど、時期にこの曲は、背伸びしすぎているのかな? と、感じました。これは、シングル初めてのドラマタイアップ。メインは、有岡くん・山田くん・中島くん・知念くん。このシングル自体、その4人メインですけどね。なんか、歌詞が、恋愛系でしたね。この時期って、いのちゃんや岡本くんや森本くんが、あまり映ってないと感じました。その前に、Best自体あまり映っていない気がします。気のせい?

5th:瞳のスクリーン。イメージは、山田くんメイン。 PVなど、とにかく山田くんが、完全メイン。他のメンバーが、全く目立たないからね。そういうイメージが、あるからその感じて煎るからかな? 山田くんの、I love you. の一言が、出来るきっかけになった曲です。真夜中のシャドボーイからこのシングルまで、1年4ヶ月。hey!hey!hey!で、成長したメンバーに注目して観てください。 と言ってましたね。とにかく、全メンバーの指に星のマニキュアが、あったのが、カッコ良かったです。

6th :ありがとう~世界のどこにいても~。イメージは、変更 ひかにゃんによれば、このシングルからダンスを揃えるようになった。と言っていたイメージなのかな?それと有岡くんのサブ化。=高木くんのポジションが下がるということ。ただ、1つ思うのですが、2番の

メルシーボーク Nowどんどん感謝が
コマウォヨ 世界を包みだす Come on

の所って、薮くんと中島くんだよね。なんで、7とBestの分けたパートじゃないのか、、、。よくわからないです。あと、デビュー曲じゃないのに、We're jump って、ない。 ファンのなかでも話題になりましたね。PVは、重力が、テーマだったはずです。

7th:Over.イメージは、ラスト。 私なりに考えた時に、真っ先に浮かんだんですが、、、。1つ目は、10人でのラストシングル。 そのラストのmステを見たのですが、マジで、綺麗でした。 正直、この曲は、9人よりも10人の方が好きです。とにかく、2-2-3-3のポジションが、気持ち良かったからです。最後だから、余計にイメージが、残っているのかも知れないです。そして、2つ目は、ヤンヤンjump この時期に全員が、出ていたのですが、たぶん、このシングルが、発売されてから、全員出ていないですね。特に、山田くん。まあ、これが、2つのラストの意味です。ただ、疑問に思ったのですが、PVで、曲始まる前に、有岡くんが、フラれてしまって、メンバーに電話するシーンのラスト。中島くんが、山田くんに来な。 と言っているのですが、それって、知念くんでもいいのでは? 謎って言うか、なんか疑問に思ってしまいました。

8th:Magic Power.イメージは、初挑戦。 このシングルは、jump初のバンド演奏シングル。メンバーのジャケットが、みんーな違っていましたね。今の、メンバーカラーでは、ないんですが、個性が、出やすいのかな? と思いました。Magic powerよりもカップリング曲の方が好きなのですが、、、。このシングルの曲の振り幅が、すごすぎ。よく言われるのが、足のステップが、地味に難しい。けど、やっぱり、ソロが、あるのが、やまちねのみ。(見たけど、そんな感じでした。)

9th:Super Delecate.イメージは、雪解けの序章。 最後のサビの

君にしか見せられない顔がある。

振りが、ファンが、興奮する振りですね。イメージとして、挙げた言葉は、山田くんと中島くんが、そのドラマに出ているし、少しだけ、距離感が、近づくシングルになったのかな? と私が、感じていたからです。この曲は、振りに、千手観音が、入れてあって、静と動が、はっきりしてるなー。と、思いました。

10th:Come A My house.イメージは、過去を振りかえる。 PVでは、6thシングルの衣装やデビュー発表のたれ幕などが、出てきましたね。ファンも楽しいPVだった気がします。そのイメージが、あるからかな?この曲と言えば、

Come my house love 彼。

が、空耳になると、

Come my house love carry.

jump楽曲あるある。あと、12thの愛すればもっとものサビもそうなんですが、、、。とにかく、ペアが、萌える。やまちねややぶひかなど。とにかくこのシングルは、薮くんのイメージが、強いです。


11th:Ride With Me.イメージは、よく言われている言葉を使って、第2のデビユー曲。 たぶん、jumpに詳しい人らが、追い込まれた、jumpが本気になった。 そのことを簡単に表すために使っている言葉だと思います。歌詞の世界観は、ユトリの復讐。 私自身も、ユトリと言えば、ユトリです。(円周率は、3,14世代です。)あと、この曲の服が、あまりにも、シンプルすぎて、びっくりしたような気がします。けど、ダンスが、難しいのに、あまりにも ダンスシーン少なすぎー。 久々にPVを見たのですが、画面が、切り替わりすぎて、少し気持ち悪くなりました。 ダンスを見せたいので、あれば、ダンスシーンを増やして欲しかった。あと、この曲から、全員が、シングルのソロが、ありますね。

12th:Aino Arika/愛すればもっと。イメージは、二極化。 単純に、どちらが、好きなのか割れるからね。私は、 Aino Arikaの方が好きです。ドラマタイアップなのですが、(Aino Arika)ひかにゃんといのちゃんのポジションが、、、あまり、目立っていない。 けど、ラストのバラ(違うのは、わかるけど、なんの花を使ったか忘れました。)と最初の手って、ひかにゃんだよね。そこなのかな?目立っている所って。この時期のファンあるあるとして、Ride With MeかAino Arikaかどちらが、好きか。 私は、Ride with meの方が好きです。そして、愛すればもっと。
なんか、可愛いー。 あと、ライブで、踊ったら楽しそうだなー。 と思いました。愛すればもっとよりか、桜、咲いたよの方が、好きです。

13th:ウィークエンド/明日のyell.イメージは、売れたなー。 特にウィークエンド。初めて全員が、テレビサイズにソロがある。ウィークエンドのPVでの中島くんのはっちゃけぶりに、少しヤバイ と思いました。とにかく、薮くんのソロが、少ないー。干し期ですね。明日のyellは、応援songで、タオルを振り回している感じが満載。あと、PVのダンスシーンが、多い。 たぶん、11thより多いと思います。(一番難しいのに、あまり映っていなかったからね。)

14th:chau#/我 I need.イメージは、伊野尾革命。
この時期から言われ始めましたね。あんなに、変わるとは、、、。もう、このイメージだと、我 I needのイメージが、皆無だよね。この曲の魅力は、とにかく、可愛い。 CDジャケットが、サンリオみたい。 と言われましたね。この曲は、山田くん・知念くん・有岡くんに加えて、八乙女くん・中島くんが、メイン。しかし、思うんですが、我 I needのソロが、笑うくらいに、薮くんのソロが、ない。たぶん、1回くらいだよね。ラップ調で、絶対にカラオケで、歌えないです。八乙女くんと有岡くんが、メイン。そして、私が、好きなのは、

(山田くん)その唇 奪ってもいいですか?
(ファン)いいですよ。

もうライブ名物ですね。この歌詞は、攻めたなー。 と思いました。まあ、jumpって、よくキスしてるからいいかー。別に。(イヤ。いきなり、キスしたらダメでしょう。)


15th:キミアトラクション。イメージは、可愛い選抜の、本領発揮。 とにかく可愛い。あと、jumpの得意な、可愛いのとダンス。 ジェットコースターダンスが、もの凄い難しそう。jumpだから、出来るのかなー。 と、思いました。けど、やっぱり、このイメージが、強いです。いのちゃん・知念くん・有岡くんの可愛い選抜が、メインになったシングルで、ありましたね。あの3人が、chau#のメインになったら、どうなるのかな? 結構、面白そうですね。逆に、高木くんが、この曲をメインで、歌ったら、面白いなー。と感じたシングルでした。あと、君がNo.1 の言い方が、みんな違ってみんな良い。 (有岡くんが、カウントダウンライブで言ってた。)私は、八乙女くんの 君がNo.1 が、好きです。

16th:真剣(マジ)SUNSHINE。イメージは、、jump初のThe夏song まあ、そのイメージは、本人らもわかっているかな?と思ったのと、やっぱり、 というフレーズが、入っていて、夏ぽいなー。 と思って、このイメージにしました。この曲の歌い出しが、いのちゃん。伊野尾革命が、起こって約1年。ついに、歌い出しを獲得。ファンも嬉しいんだろうなー。14thシングル以来調べたんですよ。誰が一番ソロが、少ないのか。調べたら、薮くんでした。私自身も薮くんは、明るい曲が、あまり得意では、ないこと。 は、イメージとして、あるからなー。そして、PVやテレビでの格好が、とても好きなんですよね。PVでの後ろのダンサーの方々の服が、色とりどりで、言い方が、悪いけど、ピエロみたいだなー。 と思いました。

17th:Fantastic Time.イメージは、前、書いた通りで、 改革とリアル これは、書かなくていいっか。けど、触れてない部分で、practice timeのダンスミスが、多かったですね。まあ、リハーサルですからね。文句も言えない。

今日は、新規なりに、書きました。すんなりと書けない曲や書ける曲が、あることが、わかったので、ちゃんと聞いて、書きたいです。(追記の可能性が、あります。)

最後に、どんな世界をファンに見せてくれるのでしょうか。見たことのない世界に連れっていってください。

Dear 今日の自分は、明日の自分は、笑ってますか、泣いてますか?

改めてHey!Say!JUMPのみなさん、デビュー9周年おめでとうございます!